テレビ 4K購入

結婚で新居に引っ越してきて早2週間が経ち、ようやくテレビを買いに行きました。

最終的には、シャープLC-50U20を購入。50型と当初考えていたものより大きいサイズにしました。

決め手になったのは、最終的には見やすさの好み価格

価格は、ヤマダ電機日吉店でポイント10%と追加での8000円分キャンペーンポイントを含めると、
15万円弱となり、価格ドットコムの最安値とほぼ並ぶ形に。

他のメーカーと比べても一番安かったです。(50型4Kで比較)
他のメーカーだと、40型でも同じ価格くらいしてました。

見やすさの点では、一番自然に見えたのがシャープでした。これは、人によって好みが分かれるみたい。

くっきりとした見え方が好きな場合には、ソニー、そしてパナソニック。
自然な見え方だとシャープ。

東芝のレグザも人気なようですが、メーカーの方の話を聞いていると、自社の独自技術で先進的な
技術をどんどん取り入れている印象で、その分お高めに見えました。

最初は、LG49型4Kモデルの49UB8500にしようと思っていたのですが、
ヤマダ電機の方の話を聞いていると、「問い合わせてもなかなか返事が来ない」、ユーザーフレンドリーではない動作の場合にも仕様」で片付けられることが多いそうだったのと、映像がちょっとアニメチックにみえたので最終的にはやめました。

問い合わせについては、メーカーに問い合わせる機会なんてないことを考えると気にしないというのもあり。
LGは、ネットとしては使いやすそうで、お値段も抑え気味でした。

液晶を自社で作っているところはやはり安く済んでいるようです。

そういった意味では、LGとシャープが安いのは納得。

ソニーはLGから液晶供給を受けているし、東芝もLGとシャープ製を使っているみたい。
パナソニックは不明。

届くのは2月大画面が楽しみです。

コメントを残す